まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

タグ:展覧会 ( 6 ) タグの人気記事

|
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

もくや 2008冬展「Plants of ours」

2008年 12月 11日

むかーしむかしみずのさんの描いた絵が今頃になって人目に触れることになりました。
「何で日本画!?」とか、突っ込まないでください(^_^;) みずのさんもDMを見て初めて「へー、日本画だったんだ…」と思っているところです。まあ、画仙紙に墨で描いてるから洋画とは言わないんだろうなぁ。でも彩色は岩絵具でも顔彩でも無く、普通のホルベインの透明水彩だったりするのだけれど。描く時にジャンルなんて考えてないけどね。
みずのさんの絵は本当に小さくてしょっぼい絵ですが、ぜひぜひ他の方々の作品を観にきてくださいませ。

もくや 2008冬展「Plants of ours」
  日時 2008年12月19日(金)〜21日(日)
     12:00〜19:00 ※最終日は17:00まで
出展作家 荒川内志乃(写真)
     染色工房尚憲(ろうけつ染め)
     deco*boco(ハンドメイド雑貨)
     水野憲子(日本画)
     水野佳織(日本画)
     riyo(アクセサリー)
     渡辺洋一(版画)
and more...
  会場 町屋サロン「もくや」
     大阪市北区本庄東1-17-18 (地図)
     地下鉄堺筋線・谷町線 天神橋筋六丁目駅11番出口から徒歩5分
     ホームページ http://mokuya-salon.com/
     ブログ http://mokuya-salon.sblo.jp/

※タイプミスがあった為修正しました<(_ _)>

[PR]
by azure_blue | 2008-12-11 23:19 | お知らせ | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

日帰り旅行 松本〜木曽路 (前編)

2005年 09月 05日
d0017747_23364795.jpg
以前からスクーリング初日の朝、駅で見かける普通電車松本行きというのがとても気になっていました。1度乗ってみたいと思いつつ、なかなか実現しなかったのですが、今回青春18きっぷを使って松本に行ってみることにしました。
普通電車で松本まで2時間38分。8時49分に松本駅に到着。途中ほとんど寝ていました。本当は車窓からの景色を楽しみたかったんですが、前日の夜になって電車の時間や観光スポットを調べていたので、随分と寝るのが遅くなってしまい、朝はとにかく眠かったのです。
観光案内のパンフレットをもらい駅を出ると松本市美術館のポスター。「草間彌生」展がやってる!? これは観に行かなければ…と、早速予定外だった松本市美術館へ。
d0017747_2350173.jpg
美術館に着くと、館内に入る前にどでんと草間彌生の作品が設置されていました。これにはビックリ!
館内で行われている草間彌生展では、1月に京都近代美術館の草間彌生展で観た作品も結構ありました。
d0017747_23455876.jpg
その後、松本市時計博物館に寄ってから松本城へ。結構人が多かったです。お城の中の階段がものすごく急で登るのも降りるのも大変…特に降りるのは恐かった。でも天守閣からの景色はなかなか良かったです。お堀に白鳥がいてちょっとビックリしました。

後半へ続く
[PR]
by azure_blue | 2005-09-05 00:03 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

プチ百貨展 閉展

2005年 09月 01日
ロフト名古屋のアートウォールで8月いっぱい展示していましたグループ展「プチ百貨展」が昨日で終了いたしました。
観に来てくれた方々、ありがとうございました。
これからゆっくりメッセージやアンケートを読ませていただきます。
また次回(いつになるか分かりませんが…)がんばりますので、よろしくお願いします。
[PR]
by azure_blue | 2005-09-01 23:52 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

真夏のアンデパンダン展

2005年 08月 09日
d0017747_23391630.jpg
今日から、京都造形芸術大学のギャラリーRUKUで「真夏のアンデパンダン展」が始まりました。
私は5月にスクーリングで直島に行った時に作った作品(タコ壷にペインティングしたもの)+砂浜の砂を出展しました。ギャラリーの隅なので見落とされちゃうかも…。
もし、京都・北白川方面に行かれる方はちらっと覗いてみてください。

「真夏のアンデパンダン展 」
場所:京都造形芸術大学 ギャラリーRAKU
日時:8月9日(火)〜8月21日(日) 10:30〜18:30(最終日は17:00まで)

「真夏のアンデパンダン展」 レセプション
場所:人間館2FラウンジTen-shin
日時:8月14日(日) 18:30〜

[PR]
by azure_blue | 2005-08-09 23:50 | お知らせ | Comments(3) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

グループ展「プチ百貨展」

2005年 08月 01日
d0017747_23524452.jpg
今日から、ロフト名古屋にて「プチ百貨展」やってます。
でも、私の作品はちょっと印刷が上手くいかなくて色が…。
なるべく早く印刷し直したものと取り替えるつもりでおりますので、お待ちくださいませ。
[PR]
by azure_blue | 2005-08-01 23:55 | お知らせ | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

ARTE POVERA

2005年 04月 10日

豊田市美術館「アルテ・ポーヴェラ/貧しい芸術」展を観に行ってきました。
勉強不足で「アルテ・ポーヴェラ(ARTE POVERA)」という言葉すら知らなかったのですが、イタリア語で「貧しい芸術」という意味で、1960年代イタリアでの芸術運動なのだそうです。
作品は身近な素材(木や石、金属、新聞紙、ぼろ切れ等)から作られているものが多かったです。
私が気に入ったのは「12メートルの木」(Giuseppe Penone/ジュゼッペ・ペノーネ作)と「ぼろぎれのヴィーナス」(Michelangelo Pistoletto/ミケランジェロ・ピストレット作)という作品。
「12メートルの木」は角材を年輪にそって削り、その木の若い頃の姿を蘇らせた作品。文章では上手く説明出来ませんが、実際に見ると「おおっ!」って感じです。
作品を見る前に学芸員の方の説明を聞いたので分かりやすかったですが、いきなりこの作品を見たら「ヘー、すごいなー」ぐらいにしか思わなかったかも知れません。
「ぼろぎれのヴィーナス」は、パッと見て勝手にタイトルをつけたくなってしまいました。「片付けられない女」とか「洗濯物の山」とか。
実際に作者がどんな思いでこの作品を制作したのかは分かりませんが、私はなんとなくユーモラスな作品だなと思いました。
この展覧会は6/12(日)まで。万博のチケットを見せると割引になるそうですよ。

ところで、この展覧会のチラシに使われている写真「ミサイル-平和の鳩」(Pino Pascali/ピーノ・パスカーリ作)。私はなぜか「忍者ゴッコをしている外人さん」に見えました。刀を差して変なポーズをとっているのかと…。もし機会があれば見てみてください。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-10 05:23 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。