まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

タグ:アート ( 178 ) タグの人気記事

|
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

黄色いカボチャと赤いタコ壷

2005年 05月 17日
d0017747_0114929.jpg

草間彌生のパンプキンと記念撮影。
[PR]
by azure_blue | 2005-05-17 00:18 | 画像あり | Comments(4) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

スクーリング「芸術環境演習2a」

2005年 05月 16日
日程:5/13(金)〜5/15(日)
会場:香川県直島(ベネッセ アートサイト直島 シーサイドパーク)
講師:松井先生(+フィリップ先生)

5/13(金)
13:00から授業開始。素焼きのタコ壷(マダコ用)と釉薬のかかった小さめのタコ壷(イイダコ用)に「タコの気持ちを考えて」アクリル絵具でペインティング。一応授業時間は18:00まででしたが、教室に使っている研修用のテントは特に戸締まりもしないので、夜中まで制作していてもOKとの事でした。
18:00からみんなで夕食(バーベキュー)。夕食後先生達がベネッセハウスに行くと聞き一緒に歩いて移動。ベネッセハウスを見学してきました。
その後、シーサイドパークに戻りパオに宿泊。
d0017747_1012618.jpg


▼続きを読む
[PR]
by azure_blue | 2005-05-16 11:24 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

切り絵灯籠

2005年 05月 07日
まだ、大地の塔には入った事がないのですが、暗くなってから前を通ると切り絵灯籠がとてもキレイでした。
d0017747_1129748.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-05-07 11:34 | 画像あり | Comments(3) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

イタリア館

2005年 05月 06日
万博長久手会場、グローバル・コモン3のイタリア館。待ち時間なしで入れました。
d0017747_2353472.jpg

d0017747_06029.jpg

入ってすぐの部屋は全体が青系の色で、床全体に水が流れていてます。通路の床は透明でその下に水が流れているのが見え、とっても涼しげです。
入り口から見て奥の方の壁には色々な映像が映し出され、手前通路側にはバイクなどが展示されていました。
奥に見える青い球体は、ぐるっと回り込むと入り口があり、橋を渡って中に入れるようになっていて、中にはイタリア館の目玉「踊るサテュロス」像が展示されています。2000年以上前に作られ、1998年に海から引き上げられたこのブロンズ像。ところどころパーツが欠けていて、色も変わってしまっていて、それでも綺麗だと思いました。
奥のホールでは、イタリアの文化や伝統等が紹介されていた…そうなんですが、持っていた「めざめの方舟」の整理券に書かれた集合時間が迫っていたため、さっさと出てきてしまいました。また今度、もう1度ゆっくり見てみたいと思います。
[PR]
by azure_blue | 2005-05-06 00:44 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

志段味循環型モデル住宅

2005年 05月 01日
先日、名古屋市守山区にある志段味循環型モデル住宅を見学してきました。
ここはデザインに荒川修作の構想を盛り込み、4棟ある住宅はそれぞれソーラーパネルや燃料電池を使って発電をしたり、共同で使える雨水貯留槽&手押しポンプや生ゴミ処理機があるなど省エネのための工夫がされています。また、それぞれの部屋の造り、全体の造り共にコミュニケーションを取りやすい様なデザインになっています。
A、B、C、Dと4棟ある中で1番荒川修作っぽいのはA棟です。養老天命反転地なんかに行った事のある人なら、あの雰囲気をぎゅっと詰め込んだ感じと言ったら分かりやすいかも知れません。住みやすそうには見えませんでしたが、ここに住んだら楽しそうだなとは思いました。丸い畳は結構和みます。
B棟、C棟、D棟はかなりおとなしめの造りです。スタッフの方の説明だと、荒川修作の考えは出来るだけ取り入れているそうですが。
どの棟もキッチンが中央にあり、玄関を入って直接各個室には行けないようになっています。必ずLDKを通る事になり家族のふれあいが高まるんだそうです。「ただいまー」って玄関を入るとすぐに「おかえりー」って言ってもらえるイメージかな(間違ってるかも)。
ここのWEBサイトには、「それぞれの住宅は3〜4人家族を想定したもの」とありますが、私が見た限りでは、「1人だとちょっと広い、2人だとちょうどよさそう、3人だとちょっとキツい。4人はしんどい」と思いました。

それから、これは実際に見に行かれた方でもなかなか気付かないと思いますが、A棟のキッチンの形と、キッチンの天井のペイント(?)の形、A棟全体の形、共同スペースにある木のテーブルは同じ形をしているそうです。私も説明を聞くまで全然気が付きませんでした。
d0017747_2302757.jpg
d0017747_2303955.jpg
d0017747_2304954.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-05-01 23:25 | 画像あり | Comments(2) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

瀬戸愛知県館

2005年 04月 24日
まずは、瀬戸愛知県館から。
瀬戸愛知県館を順番に観ていって、1番下のフロアに県民参加の「愛知自然と暮らしの暦」という展示があります。
これは、CDケースに入った作品がカレンダー状に展示してあり、作品は1ヶ月ぐらいで入れ替えをするようです。
4/15(金)〜5/15(日)の展示期間中、6/25と11/17の所に私の作品が展示されています。大したモノではないのですが、もしよろしければご覧下さい。
それから、同じフロアに手作りの絵本がたくさんあります。これも県民参加の作品らしいのですが、中にはものすごくシュールでおもしろい作品もあったのでこちらもオススメです。
d0017747_22591891.jpg

d0017747_22594781.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-04-24 23:04 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

最近読んだ本

2005年 04月 13日

最近、と言っても本当は先月なのですが、五味太郎さんの「絵本を作る」を読みました。
小学生の頃に「ことわざ絵本」「言葉図鑑」にハマりファンになるも、その後なかなか五味さんの本を読む機会がなかったのですが、バイト中にこの本を見つけて思わず買ってしまいました。
私は中身を見ずにこの本を買ったのですが、タイトルを見て「さぁ絵本を作りましょう!」みたいな本なのかと思っていました。でも、読んでみるとそれほど単純な内容でなく、思っていた以上にずっしりと読みごたえのある本でした。
第1章・第2章は絵本作りの話。ストーリーの作り方や画材や紙の選び方、技術的な話からものの考え方まで絵本を作る事にまつわる話が書いてあります。
写真やイラストも多く、文章も話し言葉で書かれていて読みやすくて、おもしろいです。
例えばストーリー作りについて。「バスが来ました。」から始まるお話が何パターンもでてくる。ストーリーは作るものではなく出来てしまうものなんだそうです。
画材の選び方の所では、五味さんがカラーインクに行き着くまでの話も載っています。
第3章は五味さん自身の話。実は絵本作家になろうと思った動機は「とくにありません」だったり、中学生の頃に読んでいた本の事や、工業デザインの勉強をしたけれど方向転換してグラフィックデザインやディスプレイデザインの仕事をした話とか、とにかく色々。
私が難しく考えてしまう事も、五味さんはさらっと「簡単だよ」と書いています。私もこの本を読んで「絵本作りたいな」と思いました。でも思っただけで何もしていないのです…。

絵本を作る
五味 太郎 / ブロンズ新社
スコア選択: ★★★★★
絵本作りの方法(ストーリー作り、画材、紙、印刷の仕組み等)や、五味さん自身の事が書かれた本。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-13 22:58 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

ARTE POVERA

2005年 04月 10日

豊田市美術館「アルテ・ポーヴェラ/貧しい芸術」展を観に行ってきました。
勉強不足で「アルテ・ポーヴェラ(ARTE POVERA)」という言葉すら知らなかったのですが、イタリア語で「貧しい芸術」という意味で、1960年代イタリアでの芸術運動なのだそうです。
作品は身近な素材(木や石、金属、新聞紙、ぼろ切れ等)から作られているものが多かったです。
私が気に入ったのは「12メートルの木」(Giuseppe Penone/ジュゼッペ・ペノーネ作)と「ぼろぎれのヴィーナス」(Michelangelo Pistoletto/ミケランジェロ・ピストレット作)という作品。
「12メートルの木」は角材を年輪にそって削り、その木の若い頃の姿を蘇らせた作品。文章では上手く説明出来ませんが、実際に見ると「おおっ!」って感じです。
作品を見る前に学芸員の方の説明を聞いたので分かりやすかったですが、いきなりこの作品を見たら「ヘー、すごいなー」ぐらいにしか思わなかったかも知れません。
「ぼろぎれのヴィーナス」は、パッと見て勝手にタイトルをつけたくなってしまいました。「片付けられない女」とか「洗濯物の山」とか。
実際に作者がどんな思いでこの作品を制作したのかは分かりませんが、私はなんとなくユーモラスな作品だなと思いました。
この展覧会は6/12(日)まで。万博のチケットを見せると割引になるそうですよ。

ところで、この展覧会のチラシに使われている写真「ミサイル-平和の鳩」(Pino Pascali/ピーノ・パスカーリ作)。私はなぜか「忍者ゴッコをしている外人さん」に見えました。刀を差して変なポーズをとっているのかと…。もし機会があれば見てみてください。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-10 05:23 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

検索
もくじ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...
カテゴリ
全体
お知らせ
画像あり
タグ
(238)
(178)
(173)
(37)
(31)
(29)
(24)
(21)
(16)
(13)
(12)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
最新のコメント
明朗会計 第14回公演「..
by www.mnimag at 00:49
記事中の公演日時が6月と..
by まいごのみずのさん at 08:34
茶色さん お! 誕生石..
by azure_blue at 01:07
名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。