まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

|
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

小劇場での観劇マナーとは

2016年 07月 17日

お芝居が始まってもスマートフォンを触り続けるお客様をお見かけしました。最前列で。画面かなり明るめで。
お芝居冒頭の暗転板付(真っ暗な中で役者が舞台上の決められた立ち位置についてから、舞台が明るくなること)も、スマートフォンの画面の煌々とした明かりで、すっかり台無しになってしまいました。
小劇場と呼ばれる場所は、客席と舞台がとても近いことが多いです。大きな劇場でしか観劇したことのない方が小劇場へ行かれると、その近さにびっくりされるかも知れません。
役者の迫真の演技を本当に間近で観て感じられるのが小劇場の良さなのですが、客席と舞台が近く狭い空間である為、客席でのマナーが守られないと、その影響はとても大きく、ちょっとしたことでお芝居の世界が崩れてしまいます。
でも、小劇場の観劇マナーをみんながみんな当たり前に知っているかと言えば、そんなことはありません。小劇場の存在すら知らない人だってたくさんいるのですから。
なので、小劇場でお芝居を観る機会の少ない方や、これから初めて観に行こうと思っている方の参考になればと思い、主だったものを書き出してみました。

  1. 「飲食・喫煙禁止」
    小劇場では客席での飲食や喫煙を禁止しているところが多いので、基本的には飲食・喫煙は控えるようにしましょう。特に客席での喫煙はできないところがほとんどだと思います。
    劇場によっては喫煙所が別に用意されていたり、ロビーでは飲食が可能だったりするので、喫煙や飲食がしたい場合には受付や客席にいるスタッフに確認してみるといいでしょう。
    但し、公演する作品の内容によっては客席での飲食OKとしている場合もあります(滅多にあることではないのですが)。そのような場合はスタッフから積極的に「飲食できます」「ドリンクを販売しています」等の案内があったりします。
  2. 「撮影・録音禁止」
    基本的に撮影(静止画・動画)や録音は禁止である場合がほとんどです。これはコンサートやメジャーな演劇公演でも同じですね。
    但し、小劇場では作品によっては劇中で「このシーンだけは撮っていいよ! 」なんてことがたまーにあったりします(実体験アリ)。その場合には必ず出演者やスタッフが「撮影OK」のご案内をするので、そういった案内が無い限りは、決して撮影・録音はしないようにしましょう。
  3. 「音を出さない」
    携帯電話やスマートフォン、タブレット、ゲーム機、アラーム機能付きの腕時計等々、音の出るものは開演までに音が出ない状態にしましょう。
    例えば、とても静かなシーンで携帯電話の着信音が鳴ったら、せっかくのお芝居の雰囲気が崩れたり、観ているお客様の集中が削がれたり、あるいは劇中で携帯電話が鳴るお芝居で、紛らわしいタイミング客席から着信音が鳴って出演者が動揺したり、観ているお客様が「今鳴ったよね? あれ? 今の音は関係ないの?」と、不思議に思ったりしてしまいます。
    電話が鳴るのはダメですし、ましてやその電話にその場で出るのはもっといけません。電話でなく、一緒に来たお客様同士で上演中におしゃべりをしながら観るのも、周りのお客様の観劇の妨げとなってしまうので、おしゃべりは終演後にしましょう。でも、面白いシーンで笑うのは全然構わないので、無理に笑いを堪えなくても大丈夫ですよ。
    また、着信音だけでなくバイブレーション機能もOFFにするようにしましょう。小劇場ではバイブレーションの「ヴーン…ヴーン…」の音も静かなシーンでは結構周りに聞こえてしまうものなのです。バイブレーション機能の切り方が分からなければ、思い切って電源から切ってしまいましょう。その場合は、終演後に電源を入れるのを忘れてしまわないようにお気を付けくださいね。
    それから、携帯電話やスマートフォンのアラーム機能を利用している方は、必ずアラーム設定がOFFになっていることも確認されることをお勧めします。これは機種によるのかも知れませんが、電源をOFFにしていても、アラームが設定された時間になると自動的に電源が入り、アラーム音が鳴ることがあります(経験アリ…)。
  4. 「光を出さない」
    これは冒頭に書いた通り、客席と舞台が近い小劇場では客席で携帯電話やスマートフォンの液晶画面が光っているだけで、本来お客様には見せたくない暗転中の舞台上の役者の動きが見えてしまうことがあります。
    また、お芝居を観入っているお客様の視界に液晶画面の明るい光がちらちらと入ることで、集中が削がれてしまうこともあります。
    携帯電話やスマートフォンでも大分気になるので、タブレットなんて以ての外です。…と、書きつつ、今のところ実際に上演中にタブレットを触っている人は流石に見たことはないのですが。
  5. 「お手洗いは開演までに」
  6. 大きい劇場なら、お手洗いに行こうと思ったら客席を出てロビーを通って…なんてことになるのですが、小劇場では客席にお手洗いがあるところも少なくないです。
    上演中に狭い客席を移動するのは周りのお客様の迷惑になりますし、お手洗いの出入りで、上演中で暗くなっている客席にお手洗いの明かり漏れたり、水を流す音が聞こえたり…なんてことになるので、開演するとお手洗いが使用禁止になる劇場もあります。
    お手洗いを我慢しながらでは、なかかお芝居を楽しめないですし、できるだけお手洗いは開演までに済ませるのが良いと思います。

いろいろと書きましたが、せっかくお芝居を観に行くのなら、マナーを守って気持ち良く観劇できるといいですね。


[PR]
by azure_blue | 2016-07-17 08:38 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

劇団 明朗会計 第18回公演「お犬騒動」

2016年 07月 15日

色々いっぱいいっぱいなみずのです。こんにちは!
直前のご案内になって申し訳ないのですが、本日からみずのが照明をさせて頂く公演が開演いたします。もしよろしければ千日前TORII HALLまで。
既に予約で満席の回もあるようなので、お越しの際にはぜひ劇団さんまでご確認・ご予約をして頂くか、みずのまでご連絡くださいませ。
うー…がんばりまーす(@_@)

劇団 明朗会計 第18回公演
「お犬騒動」
d0017747_8294616.jpg

​時は江戸。
場所は寺島。
そこは江戸から川を1本隔てた何もない村。
土地は貧しく、毎日毎日米を作りながらも粟と稗ばかりを食べる。
そんな村。
そこには家族もおらず飼っている犬のみを家族と生きる女が1人。
貧しい村を変えようと夢を抱く男が1人。
何か変わればいいと、でも毎日を必死で生きている人達。
そんな彼らが紡ぐ物語!
四つ足と二つ足の物語を是非ご覧ください。

【日程】2016年7月15日(金)〜17日(日)
15日(金) 19:00
16日(土) 13:00/19:00
17日(日) 12:00/16:00
※開場は開演の30分前です。
※上演時間は約1時間40分の予定です。
※15歳以下のお客様にはご入場いただけません。予めご了承ください。
【会場】千日前TORII HALL
【料金】2500円(前売/当日共通)
【出演】
​永 督朗/萩原 有見/和栗 一(題名のない演劇会)/大和田 とみぃ/藤田 穣/晴れ女R/ハルナ/竹林 夏帆/たーりー(劇団コミックパワーボックス)/春木 純/石堂 亜弥/甲田 晃啓/西岡 和哉/宮崎 友治(crashrush)/石田 雄亮(株式会社レイズイン)/塩竃 葵/八坂 未桜(ジャパントータルエンターテインメント)
【作・演出】YASU
【照明】水野 カオリ(ベンチ)
【音響】野上 裕太

[PR]
by azure_blue | 2016-07-15 08:38 | お知らせ | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。