まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

|
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

スクーリング「芸能史a」

2005年 06月 28日
6/24(金)-6/25(日)、「芸能史a」の授業を受けました(「芸能史b」の場合は毎週1コマ通学部の授業に出席)。
授業内容は主に民族音楽、音楽芸能をテーマにしたもので、担当は1日目と3日目は廣井先生。2日目のみ市村先生。
廣井先生は主にアジア圏(日本も含む)の民族音楽について、市村先生はヨーロッパでの伝統音楽やヨーロッパから見た(想像していた)日本についてなどを語っていました。

今回のスクーリングで特に良かったのは、市村先生の授業で取り上げた「The Mikado」というオペレッタ。イギリスで1885年3月に初演されたウィリウム・ギルバート&アーサー・サリヴァンの作品です。授業中、映像で見たのは1982年カナダ・ストラトフォードフェスティバルで上演されたものと、映画版(アメリカ)。カナダのがすっごくおもしろかった。
授業時間中に最後まで観る事が出来なかったので(というか序盤とミカドの登場シーンしか…)、詳しい解説はできないのですが、主人公の流しの唄うたい(でも実は皇太子)ナンキ・プーが様々な障害を乗り越えて、一目惚れした女の子ヤムヤムと結ばれる喜劇です。
イギリスから遠く離れた日本をモデルとした架空の国を舞台に、でもストーリーの端々で当時のイギリス社会を風刺しています。
話の舞台になる国ティティプ(Titipu)は秩父からきているそうですが、人名は…中国っぽい…んだろうか? 明らかに日本人名ではないです。ナンキ・プーとかプーバーとか不思議な名前ばかり…。
台詞や歌詞では一部日本語(ちゃんと意味を理解していたかどうかは不明)も出てきます。初演では衣装や小道具はちゃんと日本のものを集めて使用したそうです。うーん…、DVDが欲しい…。

それから、3日目に廣井先生のお知り合いの在日韓国人の先生の踊りと、お弟子さん達の演奏を見学しました。先生の真っ白なチマチョゴリがとてもきれいだったのと、お弟子さん達がとても楽しそうに笑顔で楽器を演奏されていたのが印象的でした。
今回、踊りや演奏を観ている間にスケッチをして提出するようにとのことでした。すぐ後で返却されましたが、スケッチの内容とかが評価に影響したりするんだろうか…? 洋画コースや日本画コースの人が有利なのかなぁ…? あんまり上手く描けなかった…。
d0017747_0502759.gif
レポート課題(自分用メモ)
廣井先生:具体例を取り上げ、受講生自身のアイデンティティと重ね合わせながら「音楽文化のアイデンティティ」について論じなさい。
市村先生:「異文化」の例を1つ取り上げ、その中に見られる「他者」のイメージについて「発生の語り」で論じなさい。

それぞれ、大学指定原稿用紙3枚以上4枚以内。
締め切り:7/29(金)

[PR]
by azure_blue | 2005-06-28 01:34 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

京都は暑かった

2005年 06月 26日
スクーリングで3日間、京都にいました。
梅雨なのに雨が降らず、3日間暑かったです。
まあ、雨が降ったら降ったで「蒸し暑い!」と文句を言うわけですが…。
スクーリングの感想はまた後で。とにかく疲れました。
[PR]
by azure_blue | 2005-06-26 23:32 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

それは無理…

2005年 06月 24日
昨日バイトで、海外のお客様からの問い合わせメールに返事を出すように言われました。

英語のできないみずのさんにそんなことやらせるなんて無茶だと思いました。
[PR]
by azure_blue | 2005-06-24 23:31 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

初めての接骨院

2005年 06月 20日
d0017747_2341119.jpg1,2週間くらい前に椅子から落ちて右足中指を打ちました。あまり気にもせず放置していたのですが、まだ痛みが引かないのでちょっと心配になり、今日はじめて接骨院に行ってきました。
診断の結果は「突き指」だそうです。足の指の突き指って初めて聞きました。
本当は傷めた時にすぐ湿布で冷やすと良かったそうなのですが、何も手当をしなかったので腫れたまま固くなってしまったとか。見てみると確かに左足中指より右足中指の方がビミョーに太くなっていました。ショック…。
それにしても、診察室にちっちゃな猫フィギュアや犬のジグソーパズルがずらずらと飾ってあるし、待合室にはウサギちゃんがいるし…動物好きにはたまらない接骨院でした。
[PR]
by azure_blue | 2005-06-20 23:55 | 画像あり | Comments(4) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

メンテナンス

2005年 06月 17日
6/17、exciteブログのメンテナンスがありました。サーバー増強だそうです。
予告されていたメンテナンス時間(1:00~17:00)を大幅に上回り、丸1日以上かかり、やっとメンテナンスが終わったと思ったら不具合だらけ…。私の環境からは画像が全く表示されません。
メンテナンス後によく不具合が起きていますが、今回はちょっとヒドくないかなぁ…。
無料で利用させて頂いているので、偉そうに文句を言うのも悪いかと思うのですが…。
[PR]
by azure_blue | 2005-06-17 23:06 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

当たった!

2005年 06月 17日
今日も万博に行ってきたのですが、帰宅すると「愛・地球博」と書かれた封筒が届いていました。
中身は7/3(日)EXPOドームの石井竜也ライブチケット!! 当たるとは思っていなかったので嬉しい!
d0017747_2259269.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-06-17 23:03 | 画像あり | Comments(2) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

「ドラマを聴く」

2005年 06月 12日
昨日、同じアルバイトをしている友人の出演する朗読劇「ドラマを聴く」を観てきました。
場所は名古屋駅から少し歩いたところにある「PLAYHOUSE NEO」という所です。初めて行ったので携帯電話で地図を検索しながら歩いたのですが、通りから1本入ったところにある、普通のアパートかマンションみたいな外観でした。ちょっと意外です。
私が観に行った11日19時の回は、新美南吉作「うた時計」、山代れいな作「絵の中の七人が振り返ると…」の朗読(1人)と、北条秀司作「狐と笛吹き」の朗読劇(4人)でした。日時により朗読する作品、役者さんが違います。
朗読劇を観るのは今回初めてだったのですが、なかなか楽しめました。おもしろかったです。
1人で朗読してもあんなに表現できるものなのかと驚かされ、もしまたこういうのがあれば観に行きたいと思いました。

帰り道、名古屋駅に向かって歩いていると、昼間降った雨のせいかタワーズ上の方がもやの様なものに包まれて、とても不思議な光景が見られました。デジカメの夜景モードで撮影したら、くっきり撮れてしまい失敗…。肉眼で見た時はもっと幻想的だったんですが…。
一緒に観に行った友人曰く「ファイナルファンタジーって感じがする」。結構納得。どの作品のどのシーンというのではなくて、雰囲気。言葉で説明するのは難しい…。
d0017747_14461019.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-06-12 16:07 | 画像あり | Comments(4) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

いまさら「オペラ座の怪人」

2005年 06月 10日
今更行くのかよという感じがしないでもないのですが、観そびれていた「オペラ座の怪人」を観に行ってきました。
星ヶ丘三越9Fの三越映画劇場に行ってきたのですが、1番早い10:20〜のを観ようと思い、開店(10:00)直後に1F総合案内に寄ってから、だらだら喋りながらエスカレーターで8Fまで行き、そこから階段で9Fに上がると、もう既に行列ができていました。
私と友人が列の後ろに並んでからもどんどん後ろに列が続いていきます。こんなに混むものだとは思っていなかったので本当に驚きました。
スタッフの方からは「立ち見になるかも」と言われましたが、友人と離ればなれになるものの、なんとか座ることができました。私達より後ろに並んでいた方達は立ち見だったようです。
もともと、ここの映画館は座席数68席とこじんまりしたところなのですが、初めて行ったので普段からこんな風に込み合っているのかどうかはよく分からないです。料金が安いのはいいですね。大人1300円/高校・大学生1000円/小中学生650円だそうです。それから1F総合案内と2Fプレイガイドではペア券が1900円で買えます。私は友人と2人で行ったのでペア券を買いました。
ですが、映画を観た後たまたま立ち寄った金券ショップに1300円のチケットが800円で売られているのを見つけてしまいました。知らなかった…。

映画の方は、どんな話かあまり知らないまま観に行ったのですが、なかなかおもしろかったです。
すっごい当たり前な事ですが「歌上手いなぁ…」なんて思って観ていました。クリスティーヌ役エミー・ロッサムの歌声がキレイ。
それに、ファントム。カッコイイ! でも、後半どんどん人間臭くなっていきますね。「ファントムだって人間」みたいな台詞もありましたし(記憶が曖昧ですが)。
なんだかファントムがどういう人なのかいろいろ考えてしまいましたよ。
やっぱりオペラが好きなのか? と言うか彼はオペラ座しか知らないし、それが全てなのかも? とか。なんでクリスティーヌが好きなの? 見世物小屋から助けてくれたジリーのことは何とも思わなかったの? オペラが好き→歌の上手いクリスティーヌが好きってことか? と言うか最近になってちょっと彼女欲しくなっただけなんじゃ…とか、とか、いろいろ考えたりしてみた。

映画を見終わってからエレベーターに乗ったら、途中からベビーカーを押して若いお母さんが乗ってきました。
そして何故か、ベビーカーに乗った赤ん坊にものすごく睨まれました。しかもファイティングポーズで。…恐かった。ある意味映画よりも衝撃的。
d0017747_1421233.gif

[PR]
by azure_blue | 2005-06-10 01:45 | 画像あり | Comments(4) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

ピザを焼く

2005年 06月 03日
今日の夕食はピザとパスタでした。
私はピザ担当。生地から作るのは面倒なので市販のピザ生地とピザソースを使います。1枚目の具はタマネギ、ピーマン、マッシュルーム、ベーコン。結構普通です。

そして、もう1枚は…、
d0017747_22121630.jpg
手前側半分はタマネギとツナ(+黒胡椒)。奥は納豆と刻みネギです。余り物ピザ。私はツナ好き。納豆ピザは両親のお気に入りです。
[PR]
by azure_blue | 2005-06-03 22:18 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

三井・東芝館 「GRAND ODYSSEY」

2005年 06月 01日
5/31(火)、長久手会場・企業パビリオンゾーンBにある三井・東芝館に行ってきました。
このパビリオンでは、「GRAND ODYSSEY」という映像作品が見られます。と言うか出演できます。フューチャーキャストシステムというそうです。

まず、それぞれ20人1組のグループに分かれて小部屋に案内され、そこで5台ある大きな箱形のスキャナーで顔を撮影します。撮影時は眼鏡等は外し、前髪を上げて無表情で。普通に撮影する以外に、顔に網目模様を照らして撮影し、顔の凹凸を読み取っていました。
他の人がスキャナーで撮影しているのを待つ間、予告編等を見られます。待っている間、どういう映像になるんだろうと考えるとなんだかドキドキしてしまいました。こんなワクワク感は本当に久しぶりです。

全員の撮影が終わると、スタッフの説明の後、奥の部屋へ移動。小さな映画館のような部屋です。ここで「GRAND ODYSSEY」本編の前にキャスト紹介が流れます。
宇宙船ニモニック号船長ウィル・モンブラン(加山雄三)以外のクルー20人は、全て来館者です。それぞれブレイン(副官・オペレーター・ドクター等船の統括クルー/6名)、オーソリティー(学術調査クルー/4名)、ガーディアン(警備チーム/6名)、レシーバー(ニュータイプっぽい(?)/4名)のいずれかの役になります。出演したくない場合は、撮影時にスタッフに言えばOKです。また、上手く顔を撮影出来なかった場合(笑顔だったり、動いてしまったり。または小さな子供の場合等)は出演出来ない場合があるそうです。

さて、みずのさんは何役だったかと言うと…多分、ガーディアンでした(多分?)。……それか、ブレインだったかも(えぇ!?)。…ええと実は、はっきり分かりませんでした。キャスト紹介はものすごく集中して視ていたのですが…。
結構周りからも「どれが自分か分からない」という声が上がっていたのですが、皆さん何人かで一緒に来られているので、お互いに「あれ、○○さんじゃない?」等と確認しあっていたのですが、私は1人だったので誰かに聞くわけにもいかず、上映中も「この顔は絶対違う」「あれ? これかな? でもなんか違うし」「こっちかも?」等と思いながら観ていました。

ストーリーは「人類は環境破壊の進んだ地球を捨て移住先を探してそれぞれ宇宙を旅し、その内の1団が惑星フロンティアを発見し移住。数百年後、移住当時の技術は失われ、地球も伝説の星として語られるようになる中、先祖達が乗ってきた宇宙船が発掘され、フロンティアの人々はその宇宙船を使い、再び地球を目指すが……」と、いう話。
その先は、まだこれから観に行く人のためにヒミツにしておきます。別に、船長が歌い出したりとかはしません。

制作スタッフは、
コンセプトデザイン : シド・ミード (Syd Mead)
プロダクションデザイン : 小林誠
コスチュームデザイン : 村田蓮爾
脚本 : 村井さだゆき
音楽 : 千住明
テーマソング : 大貫妙子
…だ、そうです。ちょっと豪華。

そしてパビリオンの整理誘導スタッフのユニフォームは「GRAND ODYSSEY」に出てくるクルーのコスチュームを元にデザインされたそうです。ってことは村田蓮爾デザイン? いいなー。
[PR]
by azure_blue | 2005-06-01 01:03 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。