まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

<   2005年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

|
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

リトアニア館

2005年 04月 29日
長久手会場、グローバル・コモン4にあるリトアニア館
私達が行った時には行列も無くすんなりと入る事が出来ました。何にも考えずに「あ、あそこ空いてるね」と入ってみたら、中がスゴい事になっていてビックリ。
このパビリオンのコンセプトは「リトアニア文明・文化の発展」。DNAの螺旋構造の様なスクリーンに色々な映像が映し出されます。
また、館内にはあちらこちらにイス(?)が用意されています。6角柱の形をしていて1個づつ置いてあったり、蜂の巣状に並べてあったり。弾力があってなかなか気持ちいいです。あちこち見て回って少し疲れたお客さん達の格好の休憩スペースになっていました。
館内の奥には、ビールが飲めるカウンターや、ピンバッヂや琥珀のアクセサリーが売っている土産物屋があります。ピンバッヂが「ちょっといいな」と思ったのですが給料日前だったので我慢。この日は何も買わずに出てきました。
d0017747_22411410.jpg
d0017747_22412764.jpg
d0017747_22413873.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-04-29 23:11 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

昨日バイトで

2005年 04月 28日
分厚い風俗情報誌をプレゼント用にラッピングしました。リボンも付けて。
[PR]
by azure_blue | 2005-04-28 00:33 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

ルーマニア館

2005年 04月 28日
万博長久手会場、グローバル・コモン4にあるルーマニア館
ここは、バンドの生演奏がメインのようです。どうやらバンドが何組かあるらしく、外で並んで待っている間はかなり激しいドラムの音とサックスの音が聞こえていたのですが、私たちが観た回は弦楽器のグループがクラシックを演奏していました。
ルーマニア館は、中にレストランもありルーマニア料理が食べられます。ランチセットが1300円でした。
私が食べたのは魚料理(舌平目の揚げたモノ?)。名前は忘れてしまいましたが、さくっと揚げてあって美味しかったです。上にかかっているのはトマトとガーリックのドレッシングです。
d0017747_075424.jpg

外で並んでいる間にパンフレットを配っていた眼鏡のお姉さん(ルーマニアの方?)がとってもキレイな方だったのが印象的です。
[PR]
by azure_blue | 2005-04-28 00:02 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

モリゾーゴンドラ

2005年 04月 26日
万博で瀬戸会場と長久手会場の間を移動するのにモリゾーゴンドラに乗りました。
この日は天気がよくてスゴく見晴らしがよかったです。
途中、住宅地の上を通るのでプライバシー保護のためゴンドラのガラスが白くなり、約2分程外が見えなくなります。
よく、乗り物酔いを防ぐには外の景色を見るといいと聞くのですが、どうやら本当の事のようですね。
ガラスが曇っている間は少しの揺れもやたらと気になってしまい、ちょっと気持ち悪くなってしまいました。
それと、空調が付いていないそうなので夏はどうなるんだろうと気になりました。約8分間、暑さに耐えられるのでしょうか…。
d0017747_152453.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-04-26 02:16 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

瀬戸愛知県館

2005年 04月 24日
まずは、瀬戸愛知県館から。
瀬戸愛知県館を順番に観ていって、1番下のフロアに県民参加の「愛知自然と暮らしの暦」という展示があります。
これは、CDケースに入った作品がカレンダー状に展示してあり、作品は1ヶ月ぐらいで入れ替えをするようです。
4/15(金)〜5/15(日)の展示期間中、6/25と11/17の所に私の作品が展示されています。大したモノではないのですが、もしよろしければご覧下さい。
それから、同じフロアに手作りの絵本がたくさんあります。これも県民参加の作品らしいのですが、中にはものすごくシュールでおもしろい作品もあったのでこちらもオススメです。
d0017747_22591891.jpg

d0017747_22594781.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-04-24 23:04 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

万博に行ってきました

2005年 04月 24日
今日は、大学の友達と万博に行ってきました。
まあ、なんと言うか…日曜日には行かない方がいいですね。
10時に瀬戸愛知県館で待ち合わせをしていたのですが、開場(9:30)直後に瀬戸会場のゲート前に着いたものの、随分と並んでいて、しかもなかなか進まない…。
持ち物の検査とか金属探知機通ったりとかですんなりとは入場出来ないのです。さらに全期間入場券で入場の場合はパスの顔写真の確認もあります。待ち合わせには少し遅れてしまいました。
d0017747_22272498.jpg


せっかく全期間入場券を買ったので、これからぼちぼち万博の事を書いていこうかと思います。
[PR]
by azure_blue | 2005-04-24 22:38 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

今年のめいほう

2005年 04月 24日

毎年7月の終わりになると、家族で岐阜県の明宝(旧・明宝村、現在は郡上市)にめいほう高原音楽祭を観に行きます。
会場はめいほうスキー場にある常設(←特設ではないんですよ)ステージ。ここは屋台の食べ物もおいしいし、バーベキューOKだし(バーベキューエリアはステージから大分離れますが)、ペットの同伴も可(ペット同伴席でのみ)というステキな所で、毎年楽しみにしています。
今年は誰が出るんだろうと今から気になり調べてみました。

第16回めいほう高原音楽祭出演アーティスト
チャリートwithジャズラブオーケストラ
シンコペーションwithカルロス菅野
ライアンカイザー
寺井尚子
リアルブラッド
フライド・プライド
…おおっ! REAL BLOODが2年ぶりに出演するじゃないですかっ! 7/30絶対行かなきゃ〜!
そう言えば、綾戸智絵が来なくなっちゃったみたいでなんか寂しいです。一昨年までは毎年出てたのに…。

<4/27追記>
なぜか今日、もう1度めいほう高原音楽祭のページを見てみたら、出演アーティストが微妙に訂正されていました。

チャリート&ジャズラブオーケストラ
シンコペーションwithカルロス菅野
ライアンカイザー
寺井尚子
ブラザー・トム Real Slot
フライド・プライド
あれ…? REAL BLOODは…?

<4/29追記>
「REAL BLOOD」-「JAYE公山」=「REAL BLOOD SLOT VERSION」らしい…。
JAYEさん、どうしちゃったんだろう。早く帰ってくるといいな。

<5/3追記>
また公式ページの出演アーティスト名が訂正されてる?

チャリート&ジャズラブオーケストラ
シンコペーションwithカルロス菅野
ライアンカイザー
寺井尚子
ブラザー・トム
Fried Pride
あぁ…ついにReal Slotの名も消えている…。TOMさん1人になっちゃった。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-24 01:29 | Comments(2) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

スキンを改造してみた

2005年 04月 23日

少しスキンを改造してみたのですが…あまり、変わってないですね。

d0017747_244236.jpg


[PR]
by azure_blue | 2005-04-23 02:08 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

もうダレてきた

2005年 04月 17日

順調に書き込む間隔が長くなって来た今日この頃。
やっぱり冷めやすい性格のようです。
1ヶ月も続くのかどうかも微妙ですが、無事1ヶ月続けられたら友達にここの存在を知らせようかと思っています。
がんばれ自分。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-17 17:31 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

最近読んだ本

2005年 04月 13日

最近、と言っても本当は先月なのですが、五味太郎さんの「絵本を作る」を読みました。
小学生の頃に「ことわざ絵本」「言葉図鑑」にハマりファンになるも、その後なかなか五味さんの本を読む機会がなかったのですが、バイト中にこの本を見つけて思わず買ってしまいました。
私は中身を見ずにこの本を買ったのですが、タイトルを見て「さぁ絵本を作りましょう!」みたいな本なのかと思っていました。でも、読んでみるとそれほど単純な内容でなく、思っていた以上にずっしりと読みごたえのある本でした。
第1章・第2章は絵本作りの話。ストーリーの作り方や画材や紙の選び方、技術的な話からものの考え方まで絵本を作る事にまつわる話が書いてあります。
写真やイラストも多く、文章も話し言葉で書かれていて読みやすくて、おもしろいです。
例えばストーリー作りについて。「バスが来ました。」から始まるお話が何パターンもでてくる。ストーリーは作るものではなく出来てしまうものなんだそうです。
画材の選び方の所では、五味さんがカラーインクに行き着くまでの話も載っています。
第3章は五味さん自身の話。実は絵本作家になろうと思った動機は「とくにありません」だったり、中学生の頃に読んでいた本の事や、工業デザインの勉強をしたけれど方向転換してグラフィックデザインやディスプレイデザインの仕事をした話とか、とにかく色々。
私が難しく考えてしまう事も、五味さんはさらっと「簡単だよ」と書いています。私もこの本を読んで「絵本作りたいな」と思いました。でも思っただけで何もしていないのです…。

絵本を作る
五味 太郎 / ブロンズ新社
スコア選択: ★★★★★
絵本作りの方法(ストーリー作り、画材、紙、印刷の仕組み等)や、五味さん自身の事が書かれた本。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-13 22:58 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。