まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

気がつけば

2009年 03月 26日

気がつけば、今年に入ってからのブログ記事のほとんどが稽古日記でした(^_^;)
今年に入ってから観に行ったお芝居のこともちょろっとだけ書いてみたり。自分用の覚え書きみたいな感じですが。

1/10 ATLAS「喪主もピアノが弾けたなら」@芸術創造館
タイトルがものすごく気になったので観に行きました。
お葬式の話っぽいから、悲しい話なのかな…と思っていたら、めちゃめちゃおもしろかったのでびっくり。でも、ほろりとしました。
まさに「マリオとピーチ姫を足して足しっぱなし」なナーゴさんに釘付けでした。

1/11 ミジンコターボ「カレル・チャペックの砦」@in→dependent theatre 2nd
モノトーンの衣装がとってもオシャレでかわいかったです。そして華やかで賑やか。
何となく、お客さんが真面目だなぁと言う印象。ハイジやラピュタネタでみずのは笑ってしまったのだけれど、周りの人達は笑わず…。きっと皆様集中して観ていたのですね。わらってしまったみずのはちょっと気まずかったです。ラストシーンの画がとてもきれいでした。

2/01 からここたち、「ホーム」@アトリエS-pace
北海道のどこかの駅の話。事故で遅れてなかなか来ない終電を待っている間の話。家出娘さんがとても素敵だったです。あったかい感じのお話。

2/10 真夏の會「エダニク」@トリイホール
食肉処理場で働く人のお話。取引先の跡取り息子さんのマイペースな感じがおもしろかったです。
どの人が言うことも分かるし、なんだか辛い様な、色々と考えてしまうお話でした。

3/20 DIVEプロデュース公演「中島陸郎を演劇する」@精華小劇場
観始めて、最初はぞくぞくして、途中でぐらぐらして、うるうるして、最後はどきどきしました。なんでだろう? 自分でも不思議な感じ。とてもパワフルでした。


[PR]
by azure_blue | 2009-03-26 00:48 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 御然らばです 「Order」稽古日記まとめ >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。