まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

「ドラマを聴く」

2005年 06月 12日
昨日、同じアルバイトをしている友人の出演する朗読劇「ドラマを聴く」を観てきました。
場所は名古屋駅から少し歩いたところにある「PLAYHOUSE NEO」という所です。初めて行ったので携帯電話で地図を検索しながら歩いたのですが、通りから1本入ったところにある、普通のアパートかマンションみたいな外観でした。ちょっと意外です。
私が観に行った11日19時の回は、新美南吉作「うた時計」、山代れいな作「絵の中の七人が振り返ると…」の朗読(1人)と、北条秀司作「狐と笛吹き」の朗読劇(4人)でした。日時により朗読する作品、役者さんが違います。
朗読劇を観るのは今回初めてだったのですが、なかなか楽しめました。おもしろかったです。
1人で朗読してもあんなに表現できるものなのかと驚かされ、もしまたこういうのがあれば観に行きたいと思いました。

帰り道、名古屋駅に向かって歩いていると、昼間降った雨のせいかタワーズ上の方がもやの様なものに包まれて、とても不思議な光景が見られました。デジカメの夜景モードで撮影したら、くっきり撮れてしまい失敗…。肉眼で見た時はもっと幻想的だったんですが…。
一緒に観に行った友人曰く「ファイナルファンタジーって感じがする」。結構納得。どの作品のどのシーンというのではなくて、雰囲気。言葉で説明するのは難しい…。
d0017747_14461019.jpg

[PR]
by azure_blue | 2005-06-12 16:07 | 画像あり | Comments(4) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
Commented by うさ山 at 2005-06-12 21:28 x
綺麗に撮れてるじゃん!!
こんばんはー。
昨日はどうもありがとうございましたm(--)m
多分、これはピント合いすぎちゃったから、不気味さがあまり無くなったのでは?でも光綺麗に撮れてると思うけどな。。
では〜
Commented by azure_blue at 2005-06-12 23:45
そうか…ピントが合い過ぎなのかなぁ。何かこう、もっともやぁ〜んとしてた様な気がするんですよね。
そういえば、肉眼で見た状態がピンぼけだったのかも。眼鏡しないと、あんまりくっきりとは見えないんですよ。
でも眼鏡かけるとやたらと目が疲れたり頭が痛くなるので普段は眼鏡かけません。
Commented by うさ山 at 2005-06-21 20:19 x
それって眼鏡が合わないんじゃ・・・
Commented by azure_blue at 2005-06-21 23:38
やっぱり、合ってないんですかねー。
眼鏡作ったばっかりの時よりは、マシになったんですが…。
<< 当たった! いまさら「オペラ座の怪人」 >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。