まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

スクーリング「空間演出デザインII-1-3 素材研究・銅」

2008年 10月 15日

日程:10/11(土)〜10/13(月)
会場:京都 瓜生山キャンパス
講師:田村先生
制作テーマ:「テーブルのオブジェ達」

d0017747_0245354.jpg空間演出デザインのスクーリング3つ目。そう言えば2つ目のディスプレイ基礎のスクーリング記事、まだ書いてなかった…(^_^;) まぁ、そんなわけで、今回は「素材研究・銅」です。
大学から用意されたのは、大きな銅板と銅線2種類、銅の棒1本。制作に必要な道具が色々。金槌、ペンチ、カッター、バーナー、ハンダゴテetc。他に、銅と合わせて制作に使いたいものがあれば各自用意。1枚目の写真(クリックすると拡大表示)は初日の時点での今回の作品。具体的な形はこの日に思い浮かんだのだけれど、とりあえずテーブルに置く灯りを作りたいとは思っていたので、スクーリング前に電球等は自分で用意して持って行きました。
初日の午前中から制作開始。始めは銅線を編んで、中に電球を入れて「木漏れ日みたいな感じになったらいいなぁ」と思っていたのだけれど、作り始めてから「ビー玉をはめたら、きれいな影が映るかも」と思い立ち、購買と大学前の99ショップを探すも見つからず、先生に教えてもらったピー玉がありそうなお店まで買い出しに。結局往復+店内でビー玉を探すのに計1時間弱かかってしまった…。ビー玉の他におはじきも使えそうだったので購入。

d0017747_0453212.jpgスクーリング2日目は丸1日ひたすら制作。2枚目の写真(クリックすると拡大表示)は、2日目時点でのもの。3日目はあまり作業時間がなかったのと、イマイチ捗らなかったので、多分それ程変化はしてないと思う。3日目は14:30まで制作。15:00から合評。結局私の作品は未完成。とりあえず大体の形は分かるし、灯りを付けた時の影は大分イメージに近いから、まぁなんとか…。
事後課題として実際に想定していた場所に作品を置いて撮影したものを提出。私の作品は、編み目の密度がもっともっと欲しいのと、ソケットを固定する台(できれば丸い板状の木)が欲しい。それからソケットが黒いのが気になるからソケットにも銅線を巻きたいので、まだまだ完成には遠い。すぐには事後課題を出せそうにないけど、がんばらなきゃ。銅線を編む作業は時間がかかってすぐに飽きてしまうけど…。


[PR]
by azure_blue | 2008-10-15 01:06 | 画像あり | Trackback | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
トラックバックURL : http://maigonote.exblog.jp/tb/8767782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 劇団犯罪友の会「ゆうひかげ」 ジャブジャブサーキット「死立探偵」 >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。