まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

最近読んだ本

2005年 04月 13日

最近、と言っても本当は先月なのですが、五味太郎さんの「絵本を作る」を読みました。
小学生の頃に「ことわざ絵本」「言葉図鑑」にハマりファンになるも、その後なかなか五味さんの本を読む機会がなかったのですが、バイト中にこの本を見つけて思わず買ってしまいました。
私は中身を見ずにこの本を買ったのですが、タイトルを見て「さぁ絵本を作りましょう!」みたいな本なのかと思っていました。でも、読んでみるとそれほど単純な内容でなく、思っていた以上にずっしりと読みごたえのある本でした。
第1章・第2章は絵本作りの話。ストーリーの作り方や画材や紙の選び方、技術的な話からものの考え方まで絵本を作る事にまつわる話が書いてあります。
写真やイラストも多く、文章も話し言葉で書かれていて読みやすくて、おもしろいです。
例えばストーリー作りについて。「バスが来ました。」から始まるお話が何パターンもでてくる。ストーリーは作るものではなく出来てしまうものなんだそうです。
画材の選び方の所では、五味さんがカラーインクに行き着くまでの話も載っています。
第3章は五味さん自身の話。実は絵本作家になろうと思った動機は「とくにありません」だったり、中学生の頃に読んでいた本の事や、工業デザインの勉強をしたけれど方向転換してグラフィックデザインやディスプレイデザインの仕事をした話とか、とにかく色々。
私が難しく考えてしまう事も、五味さんはさらっと「簡単だよ」と書いています。私もこの本を読んで「絵本作りたいな」と思いました。でも思っただけで何もしていないのです…。

絵本を作る
五味 太郎 / ブロンズ新社
スコア選択: ★★★★★
絵本作りの方法(ストーリー作り、画材、紙、印刷の仕組み等)や、五味さん自身の事が書かれた本。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-13 22:58 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< もうダレてきた 桜 >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。