まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

歎異抄異聞「親鸞外傳」

2005年 10月 09日
名古屋市北文化小劇場に「歎異抄異聞『親鸞外傳』」(たんいしょういぶん しんらんがいでん)を観てきました。
北文化小劇場へは初めて行ったのですが、webサイトに載っていた案内では「地下鉄名城線『黒川』下車4番出口を 北へ徒歩12分」だったのですが、思った以上に地下鉄の駅から遠い…絶対に12分以上歩いたと思います。
雨の中、なんとか会場に着き劇場に入ると…花道がある! そして枡席も! 勝手に市の施設だから大したことないのかと思っていましたが意外です。そう言えば、以前行った千種文化小劇場は円形劇場でした。気になったので、私の地元の守山文化小劇場を調べてみたのですが、結構普通の劇場のようです。今月のスケジュールはピアノの発表会や演奏会ばかりでお芝居はやってないようでした。
さて、お芝居の内容は親鸞上人とその周りの人達のお話だったのですが、これがなかなかおもしろい。もっと小難しい話かと思っていたけれど、分かりやすくてとってもおもしろかったです。
ただ、舞台を観ている途中から持病のアレルギー性鼻炎が発動。何に反応したのかはよく分からなかったのですが、とにかく鼻がずるずる…全然止まらない。手持ちのポケットティッシュを使い切ってしまわないか心配でした。
[PR]
by azure_blue | 2005-10-09 11:00 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< スクーリング「技法研究1(モデ... 足乗りハト >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。