まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

ARTE POVERA

2005年 04月 10日

豊田市美術館「アルテ・ポーヴェラ/貧しい芸術」展を観に行ってきました。
勉強不足で「アルテ・ポーヴェラ(ARTE POVERA)」という言葉すら知らなかったのですが、イタリア語で「貧しい芸術」という意味で、1960年代イタリアでの芸術運動なのだそうです。
作品は身近な素材(木や石、金属、新聞紙、ぼろ切れ等)から作られているものが多かったです。
私が気に入ったのは「12メートルの木」(Giuseppe Penone/ジュゼッペ・ペノーネ作)と「ぼろぎれのヴィーナス」(Michelangelo Pistoletto/ミケランジェロ・ピストレット作)という作品。
「12メートルの木」は角材を年輪にそって削り、その木の若い頃の姿を蘇らせた作品。文章では上手く説明出来ませんが、実際に見ると「おおっ!」って感じです。
作品を見る前に学芸員の方の説明を聞いたので分かりやすかったですが、いきなりこの作品を見たら「ヘー、すごいなー」ぐらいにしか思わなかったかも知れません。
「ぼろぎれのヴィーナス」は、パッと見て勝手にタイトルをつけたくなってしまいました。「片付けられない女」とか「洗濯物の山」とか。
実際に作者がどんな思いでこの作品を制作したのかは分かりませんが、私はなんとなくユーモラスな作品だなと思いました。
この展覧会は6/12(日)まで。万博のチケットを見せると割引になるそうですよ。

ところで、この展覧会のチラシに使われている写真「ミサイル-平和の鳩」(Pino Pascali/ピーノ・パスカーリ作)。私はなぜか「忍者ゴッコをしている外人さん」に見えました。刀を差して変なポーズをとっているのかと…。もし機会があれば見てみてください。


[PR]
by azure_blue | 2005-04-10 05:23 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 桜 スキンを作ってみた >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。