まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

「ツレがユカイになりまして。」を振り返る

2012年 04月 25日

もう先々週のことになるのかぁ…時間が経つのって早い。
Twitterなんかで何度も書いてますが、先々週の週末に人造演劇ユカイダー 第2回某(なにがし)公演「ツレがユカイになりまして。」の照明をさせて頂きました。
初めてのコント公演の照明で、はじめはとても不安だったけれど、本番が始まったら、本当に楽しくて仕方なかったです。
そんなユカイダーの公演を振り返ってみます。

コント1「おっぱい部」
「おっぱい部」を正式に部活動として認めてもらう為にがんばる部長&キャプテンと2人に無理矢理勧誘される平部長の話。今回の演目の中でダントツのお気に入り。でも、下手したら(下手しなくても)女性客にドン引きされかねない話。
全体的なノリがみずのの好きな漫画家さんの単行本のカバー裏やあとがきマンガのノリに通じるものがありました。それと小学生の頃スト2が流行ってたので、サガットネタがツボでした。パイシュー! パイシュー! パイシューアパカッ!
それにしても、ブラを頭にかぶってるのは変態仮面と大して変わらない気がします(笑)。

コント2「来来亭劇場」
注文を受けてから料理を出すまでの間、小芝居でお客を楽しませる中華料理屋の話。
6作品中1番照明のきっかけが多かったり、さらにピンもあったり。オペもピンもみずの1人でがんばりました。
店長とバイトのコンビの芝居がおもしろかったです。家政婦のミタネタからのEVAネタとか。この中華料理屋のバイトのサミュエルくんは後で幕間にディナーショーを繰り広げます。

コント3「死刑囚」
死刑になる男と看守の話。死刑囚、全く反省無し。でも、最後は自分で絞首刑にチャレンジするも失敗。

コント4「ファストフード」
「来来亭劇場」では「製麺屋のやぶ」として出てきたやぶさんが今度は新しくできたファストフード店「モスドッテリア」でバイトしている話。
「産地直送のサントリー烏龍茶」のくだりがみずの的には好きです。S(さじ)・M(みりん)・L(リットル)とか。

コント5「ヘン×グレ」
でも実際は「ヘンゼルとグレーテルとたかゆき」。たかゆきって誰やねん!
実は小屋入りまで1度も稽古を見られなかったのだけれど、ぎりぎりで台本だけ頂いて、台本読んだだけでも笑ってしまった作品。全4回の公演で、回を重ねるごとにパワーアップした作品。
悪役のはずの魔女が最初から最後まで可哀想な扱いをされるシュールな話。
てか「俺、魔女」って、男やん!

コント6「殺陣 〜おししょうさまといっしょ。〜」
作品中で使われる曲が懐かしい物ばかりで(「おかあさんといっしょ」系)、なのにシュールなので笑えました(徹底的に手足! とか、首がポロリとか)。曲に合わせた照明が大変でした(>_<)

どの作品でも今西さんが大活躍でした。ひたすらツッコミまくり。
てか、今西さんに限らず、ユカイダーのみなさん息が合ってると言うかチームワークがいいなぁと思いました。一緒にやらせて頂いて、とても楽しかったし、気が楽と言うか何と言うか…とってもやりやすかったです。
これで無期限活動休止なのが残念でなりません。また、いつかユカイダーの公演が観られますように…。
そして、またみずのも照明で呼んで頂けたら嬉しいなぁ。

d0017747_1445386.jpg


[PR]
by azure_blue | 2012-04-25 01:45 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 「タマテバコ」を振り返る おすすめされました >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。