まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

観劇「blue film」

2012年 01月 27日

桃園会「blue film」の初日を観てきました。
再演なのだそうですが、初演を観ていないみずのには初めて観る作品でした。舞台は阪神大震災から7年後。
桃園会はなんども観に行っているのだけれど、深津氏作のお話は不思議な感触。今回もやっぱり不思議な感触だったのだけれど、なんだかとてもピュアな印象を受けました。何で読んだのか「とうめいなかなしみ」って言葉が思い浮かんだのだけれど、何だったか…。かがりちゃんとやよいちゃんが良かったなぁ。
兵庫公演は明後日日曜日まで。東京公演は3月です。

桃園会 第42回公演「blue film」
作・演出:深津篤史
出演:亀岡寿行/はたもとようこ/森川万里/橋本健司/長谷川一馬/寺本多得子/原綾華/福良千尋
大江雅子(尼崎ロマンポルノ)/奥野彩夏(空の驛舎)/小野亮子/阪田愛子/神藤恭平
舞台美術:池田ともゆき
照明:西岡奈美
音響:大西博樹
舞台監督:沢渡健太郎
日時:兵庫公演2012年1月27日(金)〜29日(日)/東京公演2012年3月7日(水)〜11日(日)
料金:前売3000円(学生2000円)/当日3300円(学生2300円)
場所:伊丹AI HALL(兵庫公演)/ザ・スズナリ(東京公演)
WEBサイト:http://www.geocities.co.jp/toenkai/

[PR]
by azure_blue | 2012-01-27 23:59 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 観劇「阿国神舞 ─ オクニシン... 観劇「FROZEN ─フローズン─」 >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。