まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

観劇「花街 HANA-MACHI」

2011年 07月 12日

友人に誘われて、初めて京橋花月でお芝居を観ました。
観たのは、京橋花月劇団PLAYERSの女性メンバーによるお芝居です。
江戸時代末期の花街に生きる女達のお話でした。
たまたま、みずののテンションが低かったのか(そんなことないと思うのだけれど)、体調の問題か、それともメンタルの問題か…、どうもお話にのめり込むことができませんでした。
何と言うか、役者さん達がどうとかではなく、お話に深みが足りないような、ちょっと分かりづらかった感じがしたような、そんな気がしました。よく分からない登場人物(遊女なんだろうけれど、主人公と同じ店の人なのか、もっと格下の店の人なのかとか)もいたし。
バンドのシーンは良かったな(^_^)

京橋花月劇団PLAYERS GIRLS THEATER Vol.1
「花街 HANA-MACHI」
作・演出:高梨 由
日時:2011年7月8日(金)19:30
料金:前売1200円/当日1500円
場所:京橋花月
WEBサイト:http://kyoubashi-project.laff.jp/

[PR]
by azure_blue | 2011-07-12 05:09 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 観劇「紅レッド」 鑑賞 ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」 >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。