まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

観劇「仁義なきヤツらがやってきた」

2011年 06月 30日

いつもたのしいけど何かが物足りない…
いつもと違う自分になってみたい!
女子高生「ひなた」が選んだのは古本屋で見つけた白魔術!

ところが材料を間違えてしまったひなたは、たまたま部屋に入ってきた野良猫「ギンジ」と入れ替わってしまう…!

「あたらしい自分って…ねこ?!」

戸惑う一人と一匹!
しかも野良猫ギンジは、猫の世界のヤクザ!

「極にゃん」だったのだ!
(チラシより)
冒頭でひなたとギンジが入れ替わり、てっきりこのままお話が進んで、最後で元に戻るのかなと思ったら、案外元の体に戻るのは早かったです。
とは言え、元の体に戻っても物語はまだ続く。ひなたの友人関係や家庭の事情、ギンジの組「鰯組」は、どうなるのか?
ダンスシーンや生演奏&歌のシーンもあって、とてもおもしろかったです。猫達はキャッツみたいなメイクでカッコ可愛かったし、途中どこまでが台本通りでどこからが無茶振りなんだろう? と、ヒヤヒヤしつつも大爆笑してしまう場面もあったり、とっても楽しい舞台でした。

U・WA・SAの奴等produce
「仁義なきヤツらがやってきた」
作:周防夏目
演出:朴友鳩
日程:2011年6月24日(土)〜25日(日)
料金:前売2000円/当日2300円
場所:芸術創造館
WEBサイト:http://uwasaguys.nomaki.jp/

[PR]
by azure_blue | 2011-06-30 23:59 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 観劇「今」 観劇「飛龍伝」 >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。