まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

観劇「飛龍伝」

2011年 06月 30日

6月中に行われていた一心寺シアター倶楽の、つかこうへい追悼企画のラストがこの「飛龍伝」でした。
一部ダブルキャストの公演でしたが、みずのは土曜日にAキャストの公演を観劇。
好きな役者さんがいっぱい出演されていて、熱気と言うか熱量がすごくて、圧倒されました。おもしろかった!
ただ、学生運動とか安保闘争とか、そういった時代を経験していないので、その時代の雰囲気を理解できず、少し置いていかれた感もありました。もっとのめり込んで観ることができたらよかったのに…。
観劇後、たまたま泊まりに来ていた母に「飛龍伝」の話をしたら、母が高校生の時に学生運動が盛んで、母も熱かったとか、そんなことを言ってました。母も誘えば良かったかも知れません。
でも、下ネタと言うのか、そんなのが多いように感じたのだけれど、そこだけはあまり好きではなかったです。

一心寺シアター倶楽プロデュース「飛龍伝」
作:つかこうへい
演出:諏訪誠
日程:2011年6月23日(木)〜26日(日)
料金:3000円
場所:一心寺シアター倶楽
WEBサイト:http://www.officeb1.net/kura/project/hiryuden.html

[PR]
by azure_blue | 2011-06-30 23:58 | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< 観劇「仁義なきヤツらがやってきた」 観劇「田所さん家のいんでぃぺん... >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。