まいごのまいごのみずのさん

主に関西南部のホール&大阪の小劇場で照明をしている大阪在住名古屋人みずのさんのだらぐだ日記

みんなで万博

2005年 07月 24日
d0017747_14385182.jpg土曜日、久しぶりに学校のみんな(学生5人+先生1人)で万博に行ってきました。
天気は曇り。時々風も吹いてとっても涼しかったです。土曜日にしてはそれほど混んでいなかったのもラッキー。かなりすごしやすかったです。
(最高気温28.3度、入場者数103043人だったそうです。→公式サイト)

この日は、先生と長久手会場内にある、「愛・地球博アートプログラム」の作品を探して歩きました。その合間合間に気になるパビリオンを観たりご飯を食べたり。
パビリオンはシンガポール館、長久手愛知県館、クロアチア館、イギリス館、メキシコ館等を観てきました。
特にクロアチア館はなかなか良かったです。パビリオンに入るとまず、プレゾーンで塩田での塩作りの様子などが映像で紹介されます。
そして、奥の部屋へ続く扉が開き、進むと行くと塩田をイメージしたスペースになっており、塩田を抜けて1番奥のスペースまで進むと、そこがリフトになっていて観覧者を乗せてそのまま上がっていきます。
そして今通ってきた塩田に映像が映されます。この映像は、塩田で少年が凧揚げをしていて、糸の切れた凧が飛んでいってしまうというもの。映像は飛んでいった凧からの視点でクロアチアの街や自然や人々の暮らしが映されています。
上から覗き込むような格好で、上空から撮影された映像を見るのは、おもしろいし気持ちよかったです。
d0017747_1439842.jpg
それから、もう一つ私のオススメは長久手愛知県館「地球タイヘン大講演会」。地球温暖化問題を真っ正面から訴えています。ライブパフォーマンスなので1回1回少しずつ違います(たまにハプニングもあったりして)。
映像や展示を見るだけのパビリオンばかり観た後にここに来ると、生の人間のパフォーマンスの方が伝わってくるものがあるなぁと思いました。
ここは、それほど待ち時間が長くないのがいいです。昨日は10分で観られました。
[PR]
by azure_blue | 2005-07-24 16:12 | 画像あり | Comments(0) |
ブログランキング にほんブログ村 演劇ブログへ
<< バイト先にて 訛? >>

名前:まいごのみずのさん
住処:大阪(2006年6月に名古屋から移住)
性格:熱しにくく冷めやすい/あきらめが悪い
特徴:方向音痴/犬が好き/ヘタレ/生まれも育ちも名古屋(でも名古屋弁は喋れない… )
2manjiインタビューで、ひととなりが分かるかも
好物:お芝居/作ったり、描いたりすること/動物/音楽/昼寝/食べること
日常:照明増員してたり、某所でパレードの裏方をしていたり、お芝居を観たり、たまに旅に出たり。
★まだまだ未熟者ですが、小劇場での照明プラン・オペや仕込み・バラシのお手伝い等々、ぜひお声がけくださいませ。